読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OBAKE's blog

夢のあとさきに降るのは星の瞬き

エリザベート(東宝)

はい、まさかのここの初記事をエリザに使うあたりが私らしいっちゃ私らしい。
一度書いたんです。ジャニーズWEST1stライブツアーパリピポ終わりに。
でも消えました。あっけなく。タッチパネル、ボタン、コノヤロウ…。

さて、もう何度も上演されてるものだからネタバレも何もないんですが本日満を持して観劇してきたエリザベートについて思ったことを、感想をとりあえずつらつらと。以下本題


まず、キャストを一新されたということでどんなエリザになるんだろう…とヅカ初演時からのオタとしてはドキドキしながら入場…すると…

鷲の羽根か…それとも死神の羽根か…
私はパッと見たときにハプスブルグの紋章にある双頭の鷲の羽根を思い浮かべました。その後一幕見終わってから思ったのは、錆びた鏡が舞台中央に並んだ時、籠のように見えて。鳥籠の中で繰り広げられる破滅の物語…うむ…。いや、舞台美術についてはまた後日書きます…長くなりそうだから。

そして、開演前、黄泉の国へ誘われるかのような音から物語は始まります。

東宝のエリザは、夢物語幻想世界とはまた違った異世界、時代劇、そして人物劇だなと今回改めて感じました。

それから、今回、ほんとにこれはもう何年待ったかわからないけれど、花總まりさんのエリザベート!!!初代エリザベートですよ!!!演技力、声量、表現力…待ちわびた甲斐がありました。本当に、観劇できてよかったです。申し分ありません…最高です。

城田さんのトートはまさに黄泉の帝王だなと。人ならぬ者の危険で甘美な誘惑に溢れておりました。もう何も、これ以上語れまい。
松也さんのルキーニは予想をはるかに超えたルキーニでいやはやすごい…。凄味です。ファルセット(裏声)はちょっと出づらそうでしたがさすが歌舞伎役者さんな声量で、圧巻でした。

そして、全体としての感想はまず、ルキーニのストーリーテラーっぷり。エリザベートが如何に皆に理解されない人間だったか、他の人間からはどう見えていたのかという描写を説明する役割を担っていること。(宝塚は説明というよりは場面を提示している)
エリザベートや関わった人々のひとりひとりの心情が吐露されている場面が多いこと。
最後に、エリザベートの物語であると同時にハプスブルグ破滅への序章の物語でもあるということ。
激動の時代が始まる…というスペクタクルドラマでスケールの大きさをここで感じます。
たぶん元のウィーン版はスペクタクルミュージカルなんじゃないかと気づく。
宝塚を主に見ているのでウィーン版をまだちゃんと見たことないから今度見てからちゃんと書きたいですね…こういうところ詰めが甘い。

まぁしかし東宝見るのは3回目くらいなんですけど、毎回びっくりするのは幼い長女の棺桶ですね…黄泉の帝王っていうかもはやそこだけホラー映画くらいの恐怖が襲ってくるんです。長女ゾフィー、そして一人息子ハプスブルグの後継であるルドルフの命でさえも奪う黄泉の帝王トート閣下…怖いよう…。
そしてナチスの旗ですね…あの民衆のシーンの迫力、恐ろしさも背筋が凍ります。
それに宝塚でナチスの旗なんて出てこなかったような…だから、宝塚でエリザベートを見ているとこの物語の時代背景は第一次世界大戦前、直前ということに気づかないんですよね。
そういう時代背景や人物描写の濃さはやはり東宝の方が味わえるかなと。


それからコーラス…なんかどんどんパワーアップしてないか…と。音圧がすごいです。是非劇場で体感してください。と最後相変わらずの下手くそステマをしておりますが。

ただ、人ではないものが出てくる物語なのにセリ上がりがねぇ!ってところにプルプルしてたんですが、トート閣下最初は上から降りてくるし亡霊のみなさんは棺桶から出てくるし…亡霊としては袖から出てこないもんね…と勝手に納得していました。

書きそびれてることもたくさんありますがとりあえず本日はこれにて。