読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OBAKE's blog

夢のあとさきに降るのは星の瞬き

気づいたら追いかけていた私のかけがえのない自担が今日誕生日を迎えました

本日831野菜の日は桐山照史さんのお誕生日でございます。最近また更に強く思うのは生まれてきてくれてありがとう。アイドルになってくれてありがとう。ということ。
去年のリリイベは私的に体調グズグズの気持ちもグズグズのもう底辺で情けないことに、勿体無いことに自分の記憶では振り返れないんですけど。
一時の感情に流されてとっても大事なことを逃してしまったような気持ちだったんですよね。
でも改めて今日見返したら本人が「生まれてきてよかった」って。いやもうこの一言で仕事前の早朝ブワッと気持ちと涙が溢れてきまして。

ここ数年のことを振り返ると、照史くんに転がり落ちた時期っていうのが気持ちがとっても辛くて私このままでいいのかなって時で。
そんな時にあの素敵な笑顔に引き込まれて。
桐山照史は笑っていなければ(1万字より)と本人が自負していること、でも現にあの笑顔にどれだけ救われたか。
それに、どれだけ不器用で誤解されようと自分の言葉で伝え続けてくれたことは今までの私の引き出しには無かった事で。衝撃でもあったし、でもその思いの丈が、わかったつもりかもしれないけど、でも、わかった時にこの人はアイドルだけど、私にとって尊敬してやまない大好きな人になった瞬間でもあったわけで。
結局何が言いたいかってまぁ、幸せでいてくださいと。それだけですね。(オカンかよ…)

兎にも角にも、かけがえのない仲間と一緒にこれからも末永く切磋琢磨してひやくしていってくださいませ。私はそのほんの仮初めを垣間見れるだけで、幸せなんですから。


2015/08/31


(書いてる途中泣いてグズってたんですけどね、ええ。
だってもうここまで好きだとよくわかんないんだもん…。そして書き終わった後案の定の重さに自分で引いてます。白目剥きながら引いてます。ということでお読みくださった方々に感謝と陳謝… )