OBAKE's blog

夢のあとさきに降るのは星の瞬き

シルエット

私のファンの長さはそんなに長くないのに、覚えていたくても忘れていることとか、たくさんあるんですけど。でも、照史くんのファンになる前から、照史くんにはずっと幸せになってほしいと思ってたんだなとふと気づいてしまった昨今、また色々こみ上げてきたんですけど。拙い文章がさらに拙くなりそう…。それに、これは私の感じたことなので異論はたくさんあるでしょう。ただのいちファンとしてのバカな衝動に任せた文章、残しておきたいと思った気持ちなので書いておくまでです。前置き長い。いらん一言多い。

 

さて本題です。今回ね、コンセプトとか、元々の歌の持っている要素、アイドルが歌うからこそ成立するような歌詞の世界観を馬鹿正直に出してくれたもですよね。色んな場面で聞いてしまったがために培われてしまった感情スイッチ曲だからかしてファンといえどそれぞれの思いがつまりすぎてる曲なんですけど、私もそうです。でもね、こうやってアイドルとして私たちの前に立ってくれてる以上、こんなバカ真面目にやってくれて、私的には文句なんて言えない。いや、、文句なしの満点です。大好きな彼らが今こうやってジャニーズWESTとして馬鹿正直にバカ真面目にアイドルやってくれてることが嬉しくて仕方ない。

それを今回のMV見て実感したっていうのもあったのかなぁ。

でも何回聞いても、松竹座の風景とか、全国ツアーの景色とか、照史くんのファンであっても、悔しくて悲しかったデビュー発表直後のあけおめとか、なにわ侍とか、たくさん思い出して気づいたら泣いてた状態なんですけど。だってうえすとだけの曲じゃなくて、やっぱり関西ジャニーズJr.の曲だから。

 

何回聞いてもたくさんつまりすぎてるよね。うん。言葉も詰まるわ。

 

でも好きだからさぁ。大好きだなぁって。これ聞くたびに色々思い出すなかでも大好きだなぁって思った瞬間の気持ちが本当に詰まった曲なんだなって改めて思ったんですよね。

だから、この気持ちを忘れないでいたいなと思って。

デビューしてから、今回のこの選曲だって腑に落ちない気持ちもあったけど、どこか少し、自縛から解き放たれた気がする。

 

追記

シルエットはほんとに大切な思い出たちだなーって。それは自分の中で大切にしておけばいいし、私が見てきた、私の目から見た彼らのことは私が覚えていればいいなって。関西ジャニーズJr.の曲であり、彼らの曲であるという私の中で受け入れられたかなと。