OBAKE's blog

夢のあとさきに降るのは星の瞬き

第1章、そして第2章へ

n番煎じなタイトルであることは反省してます。この先非常にねちっこい部分が出てきますので、デビュー前の諸々こことは思い出したくないんだ!って方は読まないほうがいいかなって思います。自己責任でお願いしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、私の中で、ジャニーズWESTの第1章が明日の1stライブ映像リリース完結する。ま、手元に既にあるんだけど。

これを書き始めながら、照史くんの挨拶が始まってしまって口に入れたおいなりさんが喉に詰まってしまった。

第2章は今年1月から、先日広島でオーラスを迎えたなうぇすとツアーから始まる。第2章からは、私が書こうと思うことはまだないけれど、なうぇすとで見えた彼らの課題もあるだろうなと勝手に思ったりもする。かくいう私は1月でツアーが終わってしまったわけで、終盤のセトリとか、生とテレビ映像で見る自担の髪型のギャップとでちぐはぐな感じで消化しきれていないですよねいまだに。新曲も予約したものの楽しみと不安が半々。

でも、新曲は神ちゃん曲だよね。それが楽しみ。

 

話はそれたけど、なぜここで第1章が完結か、といいますと。

私もねちっこいところがあるもので、それはデビューをカウコンで電撃発表してからの2014年、年始の大阪城ホールでのあけおめコンに話は遡ります。俗にいう葬式コンです。あんまりこの呼び方に賛成ではないけれども、会場の雰囲気がね、でも私的には葬式まで行かなかったのは桐山担だったからなのだろうか、はて。

で、あの時聞いたシルエットで関ジュとして横並びで、このユニットたちで見れるのは最後、となんとも言えない気持ちで聞いたのを覚えています。照史くんの5W1Hが全く記憶になくて流星くんが伊織くんおんぶして走ってたと神ちゃんのshelterが断片的にしか記憶にないくらいで。そしてデビューのことがあやふやなまま日生劇場公演の決定やジャニワのプロデューサー、当時濡れたトドと言われたHey!Say!JUMPの薮くんの代役です。弁明させてもらうと濡れた照史くんかっこよかったんだよ?まぁ衣装パツパツだったり肩脱臼したまま天国へ行くゴンドラに乗せられて帝劇の客席天井へと昇っていったりしたけど。

そのままモヤモヤがたまりまくってからの日生劇場の初日…。個人的には電車の中で泣いてしまったほど嬉しかったものの、モヤモヤが完全に晴れることなくデビューの時は来てしまった。もちろん7人でのデビューは嬉しかったけれども、なんとも気持ちが晴れないまま、どこか霞んだまま、でした。でも、楽しいこと全力で楽しいからデビュー後の舞台やコンサートも大好きな公演たちばかりで。でも、心のどこかに何か引っかかっていたんですよね。ただ、その約3年越しのモヤモヤがこのドームで一気に晴れました。それはなぜか…と考えたら答えはひとつで、ネクステだと。

このクリスマスの前に松竹座の関ジュのクリパに行かせてもらえることになり、入ってきたんですね。そこで今の関ジュのネクステを生で体感して、大号泣。流れとしても泣くところではなかったんですけど、自覚はあまりないまま思い入れがかなり強かったみたいで。

その後、クリスマスイブでのドームで7人のネクステを見る。

そうしたら、あんなジュニアの終わり方をされて、ネクストステージに行ったのか??と私の中でそういう思いがたぶんあった。今思えばかなり猛烈に。

笑顔でネクステを踊る7人を見て、あぁ、私、これが見たかったんだなって。

妙にスッキリしたんです。

仲良しこよしでなくていいけど、あの2014年のあけおめコンの空気は本当に悲しくて。で、それを私は引きずったままやっぱり来てしまってたんだなと。

でも、傷は残ってるけど、感覚的には忘れた頃、今が一番楽しいはずだと思えるようになった、そんな頃合いだったんですよね。だから良かったのかな。このタイミングでネクステを当時の振り付けまま、歌割りとかも、ほとんどそのままパフォーマンスしてくれて。すごく嬉しかった。

あぁ、松竹座で見たあの彼らだ、と。

もちろんこんな芸事の世界だから差がついたり追い抜かしたり運良く駆け上がったりする人もいるし、そこで色々あるのも想像がつく。でも、その中でずっと切磋琢磨してきた彼らだからこそ作り上げられるパフォーマンスだったし、それを詰め込んだドーム公演にしてくれたし、真正面から挑んでくれたことが嬉しかった。こんなに良いグループになってくれて、本当に良かったなって。

今後も仲良しこよしじゃやってられないこともたくさん出てくるだろうけど、きっと乗り越えて、その先は世界をも愛で包んでくれる大きなグループになってくれ!!!!!!!と切に願う。いや、そんなグループになるに決まってる!